×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛の基本知識 脱毛×脱毛

毛の仕組み

 そもそも、【毛】とはどの様な仕組みなのでしょうか。簡単な図を用いてご説明いたします。
  • 毛幹…肌の表面から出ている毛の部分。
  • 毛孔…毛が皮膚の表面に出てくる部分。
  • 毛根…毛幹の延長で皮膚の中にあり見えない部分。
  • 毛包…毛根全体を取り巻く組織の事。
  • 毛球…毛根の最下部、球状に膨らんでいる部分。
  • 毛乳頭…毛細血管や神経が集中する所毛に必要な栄養素を取り入れる場所。
  • 毛母細胞…毛乳頭から栄養を受け取り分裂増殖活動を繰り返して毛をつくる。
毛の仕組み

脱毛剤やレーザー脱毛などで最も重要になってくるのは「毛母細胞」です。ここにダメージを与えない限り、毛は再度生えてきます。

毛の成長サイクル(毛周期)

 毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの成長サイクルを繰り返しています。
  • 「成長期」…毛が伸びている状態。成長期の期間は毛の生えている部分によって異る。
  • 「退行期」…成長期から休止期までの移行期間。
  • 「休止期」…毛の成長が止まった状態。毛が抜け落ち、次に成長を始めるまで活動を停止している期間。
 この3つ成長サイクルを繰り返し行うことで、毛は生えたり抜けたりします。

脱毛剤やレーザー脱毛などを繰り返し、長期間にわたって行わなければならないのは、この毛周期があるために一度に全ての毛を処理できない為です。

ムダ毛処理の方法のメリット・デメリット

ムダ毛処理の方法としましては、【剃刀】、【毛抜き】、【除毛クリーム】などが一般的です。 では、それぞれの方法にはどの様なメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まずは、各々のメリット・デメリットを考えてみましょう。

剃刀(カミソリ)
メリット デメリット
  • 処理時の痛みがない
  • 処理の方法が楽
  • 道具(カミソリ)の値段が安価
  • 処理後の毛が黒く目立ちやすい
  • 肌を傷付ける可能性がある
  • すぐに生えてくる(持続力がない)

毛抜き
メリット デメリット
  • 持続力がある
  • 道具(毛抜き)の値段が安価
  • 処理時に痛みがある
  • 処理に手間が掛かる
  • 毛穴が拡がる恐れがある

除毛クリーム
メリット デメリット
  • 持続力がある
  • 処理に手間が掛からない
  • 毛穴が目立ちにくい
  • 肌に負担が掛かる
  • アレルギーなどの恐れがある
  • 道具(脱毛クリーム)の値段が高価

ムダ毛処理の方法のポイント

 ムダ毛処理の方法には、それぞれ一長一短があります。

 しかし、肌へのダメージを考慮して、普段の処理には剃刀が一番オススメです。

 逆に、毛抜きによる処理は、毛乳頭を傷つけてしまう可能性があり、それによって雑菌の進入・色素沈着を起こしてシミになったりすることもあります。出来る限り、毛抜きによる処理は避けるべきです。

 除毛クリームによる処理は、肌への負担をがあることから、自分の肌の状態・強度・アレルギーの有無などを考慮して行いましょう。

△このページの先頭へ
1
ムダ毛を押さえる大豆エキス(イソフラボン)を高配合し、ナノやリポ技術を使った、世界最強のムダ毛抑制リキッドとリムーバーのセット。
2
安全の医薬部外品で除毛はもちろんお肌のケアも同時に行います。肌の透明感を取り戻し、潤いを与えます。さらに、除毛後けがは得にくくなり、スベスベ潤いお肌が長時間できる進化した除毛クリームです。
3
毎日のお手入れでヒゲの成長を抑制!・使っていくうちにヒゲが薄く、細く、目立たなく!・真皮層まで浸透し、ヒゲの再生工場「毛乳頭」「毛母細胞」へダイレクトに 働きかけます!